トイレリフォーム

トイレリフォームで押さえておきたいポイント

トイレリフォームで押さえておきたいポイント

「自動開閉・自動洗浄してくれるトイレが欲しい」
「トイレに手洗い器を設置したい」
「和式トイレから洋式にしたい」

トイレリフォームで押さえておきたいポイント

そんなご要望をお持ちではありませんか? トイレは毎日使う場所だからこそ、快適なものにリフォームすることで日々の暮らしをより満足できるものにしてくれます。近年はトイレも進化し、さまざまな機能を持つものが存在しています。トイレの性能や、トイレを使いやすくできるポイントを知っておけば、業者にトイレリフォームを相談するときにとてもスムーズです。 

トイレリフォームでここが変わる!

便器 手洗い器・アクセサリー
タンクのないすっきりしたタイプや、自動開閉・自動洗浄してくれるタイプなど、さまざまな便器へと交換できます。 壁に小さな手洗い器を設置したり、ものを置けるちょっとしたカウンターを設置したりといったリフォームが可能です。
床材 壁材
防臭・防汚効果に優れたトイレ用の床材で、日々の手入れが楽になります。目地のないタイプだとよりクリーンです。 汚れが付きにくく、落とすのも簡単な壁材に変更できます。防臭効果をプラスことも可能です。
便器選びのポイント

便器にはさまざまな形状や機能があるので、そのバリエーションを知っておきましょう。

形状・サイズ・デザイン 機能性
便器と便座を別々に選べる組み合わせタイプ、便器と便座をひとつにした一体型タイプ、
タンク部分を収納で隠した収納一体型などがあります。タンクレスはトイレが広々と感じられます。
暖房便座や温水洗浄便座だけでなく、自動でフタを開閉する機能、立ち上がると自動洗浄する機能、パワー脱臭機能などさまざまなものがあります。
防汚性・清掃性 省エネ性
汚れのたまりやすいフチをなくした形状で、汚れの付きにくい素材を使った便座、流すたびに洗浄泡でお掃除する便座などがあります。 従来の便器より大幅に節水できる便器が登場し、今では節水タイプが主流になっています。センサーで人を検知し、使うときだけ便座を温める節電機能なども登場しています。
TADAは高齢者対応のトイレリフォームに力を入れています
都筑区を中心とした横浜エリアでキッチンリフォームを承っているTADAは、高齢者の方が快適に過ごせるリフォームに、特に力を入れています。足腰でつらいところはないか、トイレで不便なところはないかなど、お客様一人ひとりとしっかりお話ししながら、適切なリフォームをご提案します。どんなことでもお気軽にご相談ください。
高齢対応のトイレリフォームで気を付けること

「もしも介護が必要な生活になっても、トイレだけは自分の力で行きたい」と願う高齢者の方は少なくありません。そのためTADAでは、手すりの設置や入り口の段差の解消、間口や扉の改修といったトイレのバリアフリー工事に力を入れています。

手すりの設置では、できるだけご本人にも立ち会っていただき、使いやすい高さや位置を決めていきます。立ち上がる際に体重を預けやすいL字型の手すりは、足腰が不自由になる先々でも安心です。車椅子をご利用なら、ドアを引き戸や折れ戸にするといったリフォームも有効です。

水回りリフォームならおまかせ下さい!